100周年のあゆみ

100周年のあゆみ

2016年、保土谷化学は創立100周年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

1916年、保土谷化学は日本で初めて電解法苛性ソーダを製造する企業として誕生しました。 100年の間、長い歴史により培われた技術をもとに、時代のニーズに応え、絶えざる革新を通じて、くらしと社会を支えるさまざまな製品を生み出し続けてまいりました。

保土谷化学グループは、次の100年も、価値ある製品・サービスの創出を通じて、社会の発展に貢献するとともに、企業としての社会的責任を果たすべく、グループをあげて努力してまいります。

特に、開発においては、スピード感をもって先を見据えた新製品を開発し、 「時代の流れを作る企業」でありたいと考えております。 さらなる国際的な競争が激しくなる中、現状にとどまることなく、 「グローバル・ニッチ分野でオンリーワン・ナンバーワンのスペシャリティ製品を創出し続ける企業」を目指してまいります。

今後とも、変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

記念ロゴ・スローガン紹介

100周年を記念して、ロゴとスローガンを制定いたしました。

これからの未来に向けて、新しい化学技術の芽を無限に生み出していけるような会社を目指して、「化学で夢のお手伝い」から、その夢の実現をかたちにしていくという想いを表現しています。

化学とともに 夢をかたちに

100周年の歩み