グループ沿革

グループ沿革

 

1915年

横浜市保土ヶ谷区に個人経営企業として「程谷曹達工場」
設立、日本初の電解法苛性ソーダ 製造開始

1916年

保土谷化学 創業
「(株)程谷曹達工場」として発足 塩素酸ソーダ 製造開始

1918年

液体塩素、塩化ベンジル 製造開始

1925年

保土谷曹達(株)へ社名変更

1926年

ホスゲン 製造開始

1927年

塩基性染料 製造開始

1934年

旧東洋曹達(株)を合併(現郡山工場)

1939年

「保土谷化学工業(株)」へ社名変更

1942年

郡山工場で電解法苛性ソーダ 製造開始

1949年

東京、大阪、名古屋、各証券取引所に上場
大阪営業所(現大阪支店)開設

1950年

農薬 製造開始

1953年

名古屋営業所 開設

1954年

日本初のポリウレタン原料MDI 製造開始

1959年

カチロン染料、スピロン染料 製造開始

1960年

日本ポリウレタン工業(株) 設立

1961年

感圧紙用カラーフォーマー 製造開始

1963年

日本パーオキサイド(株) 設立

中央研究所 開設
ポリウレタン原料PTG 製造開始

1966年

過酸化水素 製造開始

1967年

日本初のウレタン防水材 製造開始
ニューヨーク事務所 開設
(1986年現地法人化 Hodogaya Chemical(U.S.A.),Inc.)
札幌出張所、福岡出張所 開設

1968年

(株)アイゼン 設立

1970年

MDI、ポリウレタン誘導品関連事業を日本ポリウレタン工業(株)に譲渡

1971年

南陽工場 開設

1973年

保土谷工場 閉鎖

1976年

保土谷エンジニアリング(株) 設立

1978年

トナー用電荷制御剤(CCA) 製造開始
保土谷建材工業(株) 設立

1981年

感熱紙用カラーフォーマー 製造開始

1984年

有機光導電体材料(CTM) 製造開始

1985年

米国アシュランド社と共同出資し、保土谷アシュランド(株) 設立

1986年

ニューヨーク事務所を現地法人化
Hodogaya Chemical(U.S.A.),Inc.

1987年

西独デュッセルドルフ駐在事務所 開設

1990年

ポリウレタン原料PTG-L 製造開始

1991年

中央研究所 閉鎖、筑波研究所 開設

1993年

保土谷コントラクトラボ(株) 設立

1994年

住友化学工業(株)(現住友化学(株))と共同出資し、
保土谷アグロス(株) 設立
(2003年(株)日本グリーンアンドガーデンへ社名変更、2011年事業再編)
西独デュッセルドルフ駐在事務所 閉鎖

1996年

東京工場 閉鎖
南陽工場 ISO9001認証取得

1997年

保土谷ロジスティックス(株) 設立
福岡出張所 閉鎖
上海事務所 開設

1998年

南陽分工場 開設
横浜工場、郡山工場にて、ISO9001認証取得

1999年

大連化学工業(台湾)とPTG事業に関する包括的業務提携
保土谷ダイカラー(株) 設立

2000年

東北保土谷(株) 設立
保土谷大連ピーティージー(株) 設立
保土谷ダイカラー(株)と(株)アイゼンが合併、
アイゼン保土谷(株)へ社名変更
東北保土谷(株) ISO14001認証取得

2001年

有機EL材料HTM 製造開始
名古屋営業所 閉鎖
日本パーオキサイド(株)株式を取得(出資比率 40%→97%)
南陽工場 ISO14001認証取得

2002年

横浜工場 ISO14001認証取得
札幌出張所 閉鎖

2004年

有機EL材料ETM 開発

2005年

保土谷ビジネスサービス(株)を吸収合併
アイゼン保土谷(株)を吸収合併

2006年

三井物産(株)と共同出資し、ナノカーボンテクノロジーズ(株)を設立
日本ポリウレタン工業(株)株式の一部譲渡
(出資比率 65%→48.3%)
三菱製紙(株)より、有機光導電体材料事業を譲受け
保土谷アシュランド(株)の全株式を米国アシュランド社に譲渡
保土谷エンジニアリング(株)を事業再編、会社分割
社名を(株)ホドカに変更
クロレート事業撤退

2007年

東京都港区へ本社移転
保土谷ロジスティックス(株)を完全子会社化
東北保土谷(株)を吸収合併
オクタデシルイソシアネート事業買収

2008年

日本ポリウレタン工業(株)株式を東ソー(株)へ追加譲渡
保土谷UPL(株)設立
韓国事務所を開設
(2011年 現地法人化、HODOGAYA CHEMICAL KOREA CO.,LTD.)
三共アグロ(株)(現三井化学アグロ(株))より、
イソキサチオン剤事業を譲受け
保土谷建材工業(株)が日本バンデックス(株)を吸収合併、保土谷バンデックス建材(株)へ商号変更

2009年

カーボンナノチューブ開発推進部を新設し、
ナノカーボンテクノロジーズ(株)より事業継承

2010年

(株)ホドカのポンプ事業を売却
台北(台湾)事務所を開設
SFC Co., Ltd.(韓国)の株式を取得(出資比率 約34%)
デュッセルドルフ(独)事務所を開設
ISO9001、ISO14001の全社統合認証取得

2011年

㈱日本グリーンアンドガーデンを事業再編し、会社分割
保土谷アグロテック㈱を設立
韓国事務所を現地法人化
HODOGAYA CHEMICAL KOREA CO.,LTD.