従業員に関する取り組み

従業員に関する取り組み

CSRの「従業員に関する取り組み」として下記の活動を行っています。

  • 人権に関する全社的・総合的なガイドライン等の策定状況
  • サプライチェーンの人権状態に関する支援および評価
  • セクシャルハラスメントに関するガイドラインおよびマニュアルの策定状況
    • セクシャルハラスメントの防止を「就業規則」にて明確に禁止し、より具体的に「セクシャルハラスメント対応要領」を策定してマニュアル化しています。
  •        
  • 個人情報保護に関する規程の策定状況

    詳細はこちら

  • 週2日NO残業デーを設定し、定時での退社を指導しています。
  • 定期健康診断のほか、時間外勤務が一定時間を越えた従業員に対して、産業医の面談、自己診断チェックリストを実施するなどの対策を実施しています。
  • 36協定の締結内容と過労働に関する法的規制を各事業所で掲示しています。
  • 育児休暇・介護休暇の制度があり、利用実績は以下の通り
    2013年度:0名、2014年度:2名、2015年度:3名
  • フレックスタイム制、半日有給制、看護休暇制度などを設けています。
  • 若年および中高年の再チャレンジの支援の取り組み
    • 2006年度より定年退職者を対象に、「再雇用制度」を導入しています。
      2016年3月末現在で、65名の方がこの制度を利用しています。
  • 女性従業員の活躍
    • 2016年3月末現在で、75名の女性従業員のうち12名が管理職、17名が主任等級として活躍しています。