PRTR(環境汚染物質排出移動登録)

PRTR(環境汚染物質排出移動登録)

人体や地球環境に影響を及ぼす可能性がある化学物質の使用量

PRTR(環境汚染物質排出移動登録)

2015年度PRTR対象物質排出量・移動量

保土谷化学では、(社)日本化学工業協会の化学物質自主管理活動の一環として、1997年よりPRTRを実施しています。これにより、保土谷化学で製造・使用している化学物質の環境への排出や、廃棄物としての移動などの実態を把握し、化学物質管理に役立てています。
また、2001年から開始された、化学物質管理促進法におけるPRTR対象物質の排出・移動状況の把握も進めています。

※PRTR対象物質について

化学物質管理促進法で462物質、日本化学工業協会で417物質がPRTR集計の対象となります。
その内、保土谷化学が取り扱っている27物質について排出量・移動量を調査しました。

大気汚染防止

生産活動に伴って大気中に排出される硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、ばいじんなどの環境汚染物質の排出量を把握しています。また、2011年までに工場燃料を転換し、削減に努めています。

水質汚濁防止

製造工程から出る排水は、工場内の総合排水処理施設で処理し、排水規制値をクリアした後に公共水域に排出されます。今後も、水質への負荷低減に努め、海や河川の汚染を防止していきます。