レスポンシブル・ケア(RC)について

レスポンシブル・ケア(RC)について

レスポンシブル・ケア

レスポンシブル・ケア(RC)とは、「化学物質の製造や取り扱いに携わる企業が、その開発から廃棄に至る全サイクルにおいて、環境・安全・健康の対策を実行し改善を図っていく自主管理活動」です。

保土谷化学は1997年にJRCC(日本レスポンシブル・ケア協議会)に入会し、RC基本理念、RC基本方針を制定し「環境保全と安全・健康と品質の確保は経営の基盤であり、事業活動の基本である」を第一義に推進してきました。毎年、RC基本方針に基づき年度方針を作成し、全従業員がRC活動を推進することにより環境・安全・健康・品質の向上に積極的に取り組んでいます。

【レスポンシブル・ケア実施宣言】

保土谷化学は、環境の保護と人の安全・健康を確保するためここに「レスポンシブル・ケア(RC)基本理念」を定め、日常の事業活動を通して、レスポンシブル・ケア活動を実施することを宣言いたします。
1997.6.23

RC実施体制

RC活動推進組織

RC活動推進組織

保土谷化学では、環境保全と安全・健康と品質の確保に関する社長の諮問機関としてCSR委員会を設置し、その下部組織であるRC・QM分科会でRC活動の方針および施策等を審議・決定します。また、CSR委員会の下部機関として、必要に応じて専門委員会を設けます。

※本報告書の対象範囲
保土谷化学 郡山工場、横浜工場、南陽工場、筑波研究所、本社
関係会社 上記事業所敷地内の保土谷建材(株)、保土谷UPL(株)、 保土谷アグロテック(株)、桂産業(株)、保土谷ロジスティックス(株)、保土谷JRFコントラクトラボ(株)、保土谷テクノサービス(株)、(株)ジャスパー

RC活動システム

RC活動システム

RC活動は、PDCAサイクルに沿って行われます。PDCAサイクルとは、年度のRC計画作成(Plan)→RC活動実施(Do)→RC内部監査による実施状況のチェック(Check)→実施状況を踏まえた目標の設定(Act)という一連の流れをいいます。これらは全てRC基本理念・RC基本方針に基づいて行われます。
なお、RC内部監査はRC・QM分科会のリーダーおよびメンバーにより、年2回、4月と10月に年度監査を実施します。