コーポレート・ガバナンスに関する取り組み

コーポレート・ガバナンスに関する取り組み

CSRの「コーポレート・ガバナンスに関する取り組み」として下記の活動を行っています。

株主をはじめとするステークホルダーからの信頼を将来に亘って維持、向上させるため、経営の健全性・適法性を確保し、かつ効率性を高めることが、経営の最重要課題の一つであると位置づけ、コーポレート・ガバナンスの充実、強化に取り組んでまいります。

監査等委員会は、現在、5名で構成されています。取締役の業務執行の監督の強化に資するよう、3名が社外取締役(独立役員)であり、社外取締役でない2名が常勤監査等委員となっています。社外取締役は、東京証券取引所が定める独立性基準を満たしており、幅広い見識や豊富な経験を活かし、取締役の業務執行の監督を行います。監査等委員会は、会計監査人と連携をとり、監査業務に関して必要に応じた対応を行っています。監査等委員会の事務局は、監査等委員会からの協力要請に従い、その職務を補助します。

当社は東京証券取引所に「コーポレートガバナンスに関する報告書」を提出しています。

  • コンプライアンス
  • 内部統制
    • 「内部統制基本方針」に則り、各種要領を定め、内部統制部を中心に組織的に取り組んでいます。
  • 公益通報者制度と通報者の保護
    • コンプライアンス行動方針」に、公益者の保護を明記しています。
    • 「内部通報規程」「内部通報要領」を制定し、内部統制部と社外弁護士を窓口とするホットライン・システムを整えています。
Get Adobe Reader

※PDFファイルの閲覧には、 AdobeReader が必要です。