PDF用グラフまとめ

PDF用グラフまとめ

2013年度から、合併した日本パーオキサイド(株)分の数値を含んでいます。

エネルギー使用量の推移(原油換算)

エネルギー使用量の推移(原油換算)

※2009年度より改正省エネ法に対応

産業廃棄物最終処分量の推移

産業廃棄物最終処分量の推移

SOx排出量の推移

SOx排出量の推移

NOx排出量の推移

NOx排出量の推移

ばいじん排出量の推移

ばいじん排出量の推移

COD排出量の推移

COD排出量の推移

※COD(化学的酸素要求量)

CODとは、水中の有機物を分解する際に消費される酸素の量を表し、湖沼や海域の汚染度を示す指標として使われています。この数字が多くなるほど水中の有機物が多く、汚染度が高いことになります。

休業災害度数率の推移

休業災害度数率の推移

保土谷化学
化学工業

度数率とは、100万労働時間あたりの死傷者数の発生頻度であり、以下の式によって算出されます。
度数率=死傷者数/延労働時間数×1,000,000

PRTR対象物質排出量・移動量

政令指定番号 物質名称 2015年度実績(単位:t)
排出量 移動量
大気 水域 土壌 埋立 下水道 廃棄物
8 アクリル酸メチル 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.55
12 アセトアルデヒド 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
53 エチルベンゼン 0.09 0.14 0.00 0.00 0.00 3.34
71 塩化第二鉄 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
80 キシレン 0.09 0.14 0.00 0.00 0.00 3.88
87 クロム及び三価クロム化合物 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.58
89 クロロアニリン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
127 クロロホルム 0.06 0.00 0.00 0.00 0.00 1.10
160 3,3′-ジクロロ-4,4′-ジアミノジフェニルメタン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.10
181 ジクロロベンゼン 0.05 0.26 0.00 0.00 0.00 2.13
186 ジクロロメタン 13.04 0.01 0.00 0.00 0.00 1.49
232 N,N-ジメチルホルムアミド 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 21.00
292 トリブチルアミン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 0.03 0.00 0.00 0.00 0.00 0.04
298 トリレンジイソシアネート 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.87
300 トルエン 3.98 0.00 0.00 0.00 0.00 60.00
302 ナフタレン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
307 二塩化酸化ジルコニウム 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
342 ピリジン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 2.00
355 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 3.20
374 ふっ化水素及びその水溶性塩 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
392 ノルマル-ヘキサン 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
405 ほう素化合物 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
407 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル(アルキル基のC数が12から15までのもの及びその混合物に限る。) 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
411 ホルムアルデヒド 0.16 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
415 メタクリル酸 0.00 0.43 0.00 0.00 0.00 3.40
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00
総合計 17.49 0.98 0.00 0.00 0.00 103.68

※PRTR対象物質について
化学物質管理促進法で462物質、日本化学工業協会で417物質がPRTR集計の対象となります。
その内、保土谷化学が取り扱っている27物質について排出量・移動量を調査しました。