HOME >> 防食 >> CRP-EP
保土谷建材株式会社
CPR-EP

エポキシ樹脂系防食材
CPR-EP

特長
CPR-EPはエポキシ樹脂系の防食材です。
下地との付着力、耐食性に優れています

※日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」(平成19年7月)A・B・C・D1種に適合しています。
※社団法人地域資源循環技術センター「農業集落配水施設のコンクリート防食設計・施工の手引き」(平成17年9月)1・2・3種に適合しています。


日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」
(平成19年7月)A・B・C・D1種適合


日本下水道事業団の「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」は、下水道施設内で生成する硫化水素に起因する硫酸によるコンクリート構造物の腐食対策として、設計・施工及び維持管理に関する具体的な手法を示すもので、コンクリート構造物の耐用年数を可能な限り長く保持することを目的としています。

日本下水道事業団適合・工法一覧表
規格
システム
A種 B種 C種 D種
CPR-EP EP-A工法 EP-B工法 EP-C工法
EP-SC工法
EP-D工法
EP-SD工法
HCスプレーAU - - U-20工法 SU-30工法
CPR-VE - VE-B2工法 VE-C2工法 VE-D2工法
※CPR-EPは日本下水道事業団「コンクリート防食指針(案)」(平成9年6月)A・B種に適合しています。

社団法人地域資源循環技術センター
「農業集落排水施設のコンクリート防食設計・施工の手引き」(平成19年7月)適合


コンクリート構造物である農業集落排水施設においては、コンクリートが腐食劣化環境にさらされている場合、コンクリートの劣化現象が発生します。コンクリートの劣化を放置していると構造耐力を低下させ、コンクリート構造物の寿命を低下させることになります。
社団法人地域資源循環技術センターは、このようなコンクリートの腐食劣化に対処するため「農業集落排水施設のコンクリート防食設計・施工の手引き」を策定しています。

社団法人地域資源循環技術センター適合・工法一覧表
規格
システム
1種 2種 3種
CPR-EP EP-SN2工法 EP-SN3工法 EP-SN1ply工法
EP-SCN工法