色素材料

色素材料

デジカメボディー、高級文房具を彩る「色素材料」

身の回りのいろいろなものをカラフルに彩るのも、保土谷化学の「化学」です。繊維や紙はもちろんのこと、さまざまなものに保土谷化学の色素材料が使われています。大きく分けて、「スピロン染料」「塩基性染料」「直接染料」があります。

保土谷化学の信頼の技術は、この染料の分野でも息づいています。紙用染料として優れた性能をもつ塩基性染料、そして独自の技術が可能にしたスピロン染料(文具インキ用・アルミ着色用染料)など、高品質の製品を生産。安全で環境にやさしい染料をお届けするとともに、新しいチャレンジの基盤となる伝統の技術を進化させています。

製品一覧はこちら

用途

デジタルオーディオプレーヤー ボールペン

製品・技術紹介

スピロン染料

用途1~アルミ着色

例えばデジタルカメラのボディーや携帯電話、デジタルオーディオプレーヤー。材質は軽くて加工性の良いアルミが代表的で、最近では赤や青など色のバリエーションが豊富なものが当たり前になっています。このようなアルミボディーを着色するのに、アルミ着色染料が使われているのです。

アルミ着色染料

アルミ着色染料は金属を染めるので、写真のように色が濃いのが特徴的です。染料のほかに複数の薬剤を組合せ、アルミを着色させます。

アルミ着色のしくみ(イメージ)

こうした、一見着色が難しいような素材にも対応できるのは、長年染料を扱ってきた技術の蓄積、高品質の実現等、多くのノウハウがあるからです。

用途2~文房具

文房具用染料は主として油性ボールペンやマーカーに使用されている染料です。

黄色から黒色まで各色を取り揃え、その品質に対する信頼性の高さから、多くの文房具メーカーに採用され、高級文房具にも使用されています。

その特長は、(1)高い彩色力(少量でも綺麗な色合い)、(2)高い堅牢度(耐久度)、(3)溶剤に対する良好な溶解性、(4)金属類に対する腐食性が無い、などです。

現在も、より安全性の高い染料の開発や文房具メーカーの求めるインク組成にあった染料の提供など、さらなる品質の向上に取り組んでいます。

塩基性染料・直接染料

新聞紙などを常に一定の色調にするために使うのが代表的な用途です。保土谷化学の高い技術力に裏付けられた、信頼性の高い染料を提供しています。

取扱製品

  • スピロン染料
  • 紙用染料
  • その他(繊維及び木材の漂白用原料 等)

製品一覧はこちら

色素材料に関するお問い合せ
色素材料事業部 機能色素営業部