コンプライアンス行動方針

1)基本姿勢
  1. 法令、社内規程の遵守
    私たちは、あらゆる企業活動の場面において、関連法令、および社内規程を常に遵守します。
  2. 人権の尊重と差別の禁止
    私たちは、あらゆる企業活動の場面において、基本的人権を尊重し、国籍、人種、信条、性別、年齢、民族、宗教、障害、疾病、社会的身分などの理由による差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
  3. 公平・公正かつ透明な関係と取引
    私たちは、当社グループと利害関係を持つステークホルダーとの間で公平・公正かつ透明な関係を維持し、公正な取引を行います。
  4. 利益相反と信用毀損行為の禁止
    私たちは、当社グループの正当な利益に反する行為または会社の信用、名誉を毀損する行為を一切行いません。
  5. 社会人の自覚と社会的良識に基づく行動
    私たちは、常に社会人としての自覚を持ち、高い道徳観、倫理観に基づき社会的良識に従って行動します。
2)取引先などとの関係
  1. 製品、サービスの安全性
    私たちは、常に取引先の満足を心がけ、当社グループの提供する製品・サービスの安全性および品質に十分配慮します。
  2. 自由な競争および公正な取引
    私たちは、すべての取引先との間で、自由な競争原理に基づき、独占禁止法等の関連法令を遵守し、社会倫理に従って、公正で誠実な取引を励行します。
  3. 購入先との取引
    私たちは、購入先に対し、常に対等、公正な立場で接し、関連法令および契約に従って、誠実な取引を行います。
  4. 接待、贈答など
    (1)私たちは、取引先等との接待、贈答品の授受に関して健全な商慣習や社会的常識を逸脱しません。
    (2)私たちは、国会議員、地方公共団体の長、議員、官公庁・地方公共団体の役職員、外国政府・地方公共団体の役職員、外国公務員等に対し、贈賄行為を行わないことは勿論、営業上の不正な利益を得るための利益供与、便宜供与とみられる接待、贈答品の提供、その他合理的根拠のない処遇を行いません。
  5. 物流、輸出入
    私たちは、輸出入に当っては、関連法令、および倫理を遵守します。輸出、渡航に際しては、戦略物資・戦略技術規制その他の輸出入規制を遵守します。
3)株主、投資家などとの関係
  1. 企業情報の発信
    (1)私たちは、株主・投資家等に対し、当社グループの経営内容、事業活動状況等の企業情報の開示を関連法令に従い、適時に行います。
    (2)私たちは、発信する企業情報の正確性を常に確保し、秘密情報の必要性を考慮して適切な時期、方法により情報発信を行います。
  2. インサイダー取引の禁止
    私たちは、職務や取引に関連して知り得た当社グループおよび取引先の未公表の情報を利用して、株式の売買等の有価証券に関する取引を行いません。
4)社会との関係
  1. 環境保全
    私たちは、製品の資材調達から製造、流通、使用、リサイクル、廃棄までのライフサイクルに亘って生じる環境への影響を低減し、環境保全と持続可能な発展を実現するために、関連法令および各種規制を徹底して遵守します。
  2. 反社会的行為への関与の禁止
    私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対しては、一切の関係を遮断します。
  3. 政治資金
    私たちは、政治資金・寄付、選挙、政治活動に関しては、政治資金規正法、公職選挙法等の関連法令を遵守します。
  4. 寄付行為
    私たちは、寄付行為を実施するに当って、その必要性、妥当性を十分に考慮し、関連法令に従って行います。
5)役員および従業員の関係
  1. 働き易い環境の整備
    私たちは、私たちの会社生活と個人生活の調和を図り、仕事に全力投球できる働きやすい環境の整備に努めます。
  2. 安全と衛生のための取り組み
    私たちは、安全衛生関連の法令および社内規程を遵守し、会社として、労働災害の撲滅と疾病の予防・健康の保持増進を図ります。また、自己の健康の増進と安全の保持を心がけると同時に、周囲の者の健康・安全にも配慮し、良好な就業環境の維持・改善を図ります。
  3. プライバシーの尊重
    私たちは、会社として、取引先および私たちの個人情報を秘密に扱い、その者の承諾なく、社外・社内の者に開示しません。
  4. 秘密情報の取り扱い
    私たちは、在職中のみならず、退職後も、当社グループの営業上、技術上の情報などの秘密情報を社外の者に開示しません。社内においても、当該情報の入手が業務上必要と認められる者以外に開示しません。
  5. 会社資金、物品の不正な使用の禁止
    私たちは、会社の資金、物品その他の財産を与えられた職務の遂行のためにのみ使用するものとします。
  6. 知的財産権の保護
    (1)私たちは、研究、開発その他の業務から生ずる成果(発明、実用新案、意匠、著作物、商標、ノウハウ、技術情報など)が重要な財産であることを認識し、知的財産権の維持、確保に努めます。
    (2)私たちは、他社(他者)の知的財産権を尊重し、故意に侵害または不正に使用しません。
  7. 公益通報者の保護
    私たちは、法令・社内規程違反行為その他特に重大な企業倫理違反行為について公益通報した場合、公益通報をしたことを理由とする解雇はされません。また、その他の不利益な取扱いを受けることもありません。
  8. セクシュアル・ハラスメント
    私たちは、相手方の意に反して性的な言動を行い、それに対する対応によって仕事をする上で一定の不利益を与えたり、就業環境を悪化させません。
  9. 飲酒運転の禁止
    私たちは、就業中は勿論、私生活上においても、飲酒運転は行いません。また、飲酒運転する恐れがある者に対し、酒類を提供し、または飲酒をすすめません。運転者が飲酒をしていることを知りながら、当該運転者に対して、自分を送ることを要求し、または依頼して、その車に同乗しません。