研究者の声

筑波研究所

「新規テーマ探索プロジェクト」は、その名前の通り、次世代の新しい素材テーマを発掘する部署です。私たちは新しい種を蒔き、芽となったものを摘み取るまでがミッション。その芽は、本格的に研究開発する部署へとバトンタッチし、当社の新しい事業として開花させていくとこになります。新規テーマ探索プロジェクトの携わるメンバーはそれぞれが違うテーマをもとに研究していますが、研究テーマが変わっても、新たな材料を発掘するというミッションは変わりません。私は有機EL材料や、当社の基盤技術である染料関連などの応用展開として、高性能かつ、より快適な暮らしに役立つような材料の研究を任されています。時には学会に参加して業界の最先端の技術を学んだり、大学の教授や業界の著名な方に話を聞きに行き、当社ならではの研究を模索することもあります。常に最先端の技術に触れられるのが、この仕事の醍醐味です。


郡山工場

現在は、プリンターのトナーに含まれるCCAの新製品開発に取り組んでいます。新しい化合物の合成に加え、良いものを安くという意識を持ち、コストダウンに向けて1円でも安くなるよう既存製品の製造方法を変更できないか検討する仕事です。また開発は製造に密に関わっているため、現場生産にあたりプラント運転者に正しく処方を伝えるなど、製造現場に立ち会うことも多くあります。そのため、プラントエンジニアの技術者とはしっかり連携を取ることは欠かせません。研究開発職というと、実験ばかりしていると思われがちですが、決してそれだけではありません。自分が担当した製品を製造するときは、製造部に足を運び生産状況を確認し、トラブルが起きたときは分析機器などを用いて迅速に原因究明を行います。研究成果を出すだけではなく、このように実際に生産に関われることに、とてもやりがいを感じています。