保土谷化学グループが創る価値

保土谷化学グループの価値創造プロセス

私たちを取り巻く環境は日々変化しておりますが、持続可能な社会の構築がキーワードとなり、さまざまな社会課題があります。保土谷化学グループは、経営理念に基づく企業活動が社会課題の解決につながり、課題解決のプロセスが企業価値創造のプロセスであると認識しております。目指す企業像に向け、研究開発・生産・販売部門が三位一体となり、機能性色素・機能性樹脂・基礎化学品・アグロサイエンス・物流関連の各分野で、高いスペシャリティを発揮した企業活動を継続しております。

画像をクリックすると、PDFが開きます

マテリアリティ

保土谷化学グループは、経営理念に基づいた事業活動を通じて、社会課題の解決に貢献しております。今回、事業に大きな影響を与える社会課題からマテリアリティを特定し、具体的な数値目標を設定しました。新・中期経営計画「SPEED 25/30」で策定した「2030年度のありたい姿」とともに、中長期的な事業課題として全社をあげて取り組んでまいります。

画像をクリックすると、PDFが開きます