コーポレートガバナンス

基本的な考え方

保土谷化学グループは、スペシャリティ製品を軸とした、オリジナリティにあふれるポートフォリオと環境に優しいモノづくりで、持続可能な社会の実現に貢献する企業を目指し、経営の効率性を高めつつ、株主・顧客・取引先・地域社会・従業員等、幅広いステークホルダーの価値創造に配慮し、内外の経済・産業の発展と社会の繁栄に貢献し、経営の健全性・適法性を確保し、かつ効率性を高めることを、経営の最重要課題の一つと位置付け、コーポレート・ガバナンスの充実、強化に努めてまいります。

コーポレートガバナンス強化の取り組み

2003年 6月 執行役員制度の導入
2004年 3月 役員退職慰労金制度廃止
2006年 5月 内部統制基本方針制定
2006年 11月 内部統制室(現内部統制部)の新設
2013年 6月 社外取締役の登用開始
2015年 6月 監査等委員会設置会社に移行
2016年 7月 株式報酬制度の導入
2018年 1月 新たな経営体制に移行
2019年6月 指名・報酬委員会設置
2021年3月 改正会社法対応
2021年5月 取締役会スキルマトリクス公表