沿革

保土谷化学グループの歴史

1900年代

2000年代

1915年
電解法苛性ソーダの製造を開始(日本初)

1926年
ホスゲンの製造を開始

1927年
染料の製造を開始

1950年
農薬の製造を開始

1963年
ウレタン原料(PTG)の製造を開始

1966年
過酸化水素の製造を開始

1967年
日本初のウレタン防水材の製造を開始

1978年
トナー用電荷制御剤(CCA)の製造を開始

1984年
有機光導電体材料(CTM))の製造を開始

1991年
ウレタン原料(PTG-L)の製造を開始

2001年
有機EL 材料・正孔輸送材(HTM)の製造を開始

2004年
有機EL 材料・電子輸送材(ETM)を開発

2010年
バイオPTGの製造を開始

2017年
過酢酸製剤「オキシアタック」(食品向け除菌剤)の製造を開始
ウレタン防水材「凄極膜」の製造を開始

2020年
PCR 診断用材料の量産を開始

1915年
現在の神奈川県横浜市保土ケ谷区に「程谷曹達工場」設立

1916年
東洋曹達株式会社(現郡山工場)設立

1939年
鶴見工場(現横浜工場)設立
「保土谷化学工業株式会社」に社名変更

1967年
ニューヨーク駐在事務所開設(1986年現地法人化)

1971年
南陽工場設立

1978年
保土谷建材工業株式会社設立(2017 年保土谷建材株式会社へ商号変更)

1991年
筑波研究所設立

1993年
保土谷コントラクトラボ株式会社設立

1994年
保土谷アグロス株式会社設立(2011年保土谷アグロテック株式会社へ商号変更)

1997年
保土谷ロジスティックス株式会社設立
上海駐在事務所開設(2014年現地法人化)

2006年
日本ポリウレタン株式会社の一部株式を譲渡(2012年全株式譲渡)

2008年
韓国駐在事務所開設(2011年現地法人化)
保土谷UPL 株式会社設立

2010年
デュッセルドルフ駐在事務所開設(2018年現地法人化)
台北駐在事務所開設SFC CO., LTD(. 韓国)の株式を取得

2015年
監査等委員会設置会社に移行

2016年
創立100 周年

化学産業の輸入依存
からの脱却

創業者 磯村 音介

社会の工業化・
近代化とともに
総合化学メーカーへ

戦後復興を後押しする
さまざまな製品開発

エレクトロニクス時代
到来に向けて
電子素材関連へと
事業分野を拡大

環境負荷の低い
新素材・新製品で
環境調和型社会を創造