財務ハイライト

財務・非財務ハイライト

売上高(単位:百万円)

営業利益(単位:百万円)


(単位:百万円)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上高 34,739 38,693 37,548 37,771 41,199
機能性色素
8,231 10,997 10,912 11,855 16,503
機能性樹脂
12,159 12,046 12,327 11,717 10,255
基礎化学品
6,768 7,024 6,799 7,156 6,866
アグロサイエンス
4,831 5,580 5,288 4,951 5,554
物流関連
2,511 2,820 2,035 1,932 1,848
営業利益 2,129 3,903 3,028 2,902 5,444
機能性色素
△423 1,413 966 1,182 3,874
機能性樹脂
670 653 587 531 207
基礎化学品
919 805 545 589 694
アグロサイエンス
249 350 409 205 268
物流関連
708 631 487 397 361

経常利益(単位:百万円)

親会社株主に帰属する当期純利益(単位:百万円)


(単位:百万円)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
経常利益 2,094 4,169 3,104 3,058 5,841
親会社株主に帰属する当期純利益 1,951 2,862 1,883 1,858 3,119

総資産(単位:百万円)

純資産(単位:百万円)


自己資本比率(単位:%)


2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
純資産額(百万円) 33,857 35,869 36,860 37,040 43,654
総資産額(百万円) 53,430 54,997 57,140 54,903 62,609
1株当たり純資産額(円) 4,023.85 4,210.82 4,299.75 4,294.69 4,885.72
1株当たり当期純利益(円) 246.86 362.29 238.40 235.15 394.25
自己資本比率(%) 59.5 60.5 59.5 61.8 61.8
営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円) 3,100 4,215 2,525 3,597 5,380
投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円) △507 △960 △2,351 △2,060 △2,689
財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円) △2,241 △3,210 668 △2,049 △424
1株当たり配当金(円) 60.0 50.0 50.0 50.0 50.0
配当性向(%) 24.3 13.8 20.9 21.2 12.6

セグメント別売上高構成比/セグメント別事業概況

売上高
41199百万円
  • 機能性色素
  • 40.1%
  • (165億3百万円)
  • 機能性樹脂
  • 24.9%
  • (102億55百万円)
  • 基礎化学品
  • 16.7%
  • (68億66百万円)
  • アグロサイエンス
  • 13.5%
  • (55億54百万円)
  • 物流関連
  • 4.5%
  • (18億48百万円)
  • その他
  • 0.4%
  • (1億71百万円)

機能性色素

売上高

1653百万円

前期比 39.2%増


営業利益

3874百万円

前期比 227.7%増


イメージング材料事業は、プリンター向け材料の需要低迷に加え、
コロナ禍によりオフィス印刷の需要が減少し、大幅な減収となりました。
色素材料事業は、アルミ着色用染料でスマートフォン向けの販売が増加したものの、
コロナ禍の影響により、繊維向け染料や文具向け染料等の需要が減少し、前期並みとなりました。
一方で、有機EL材料事業は、スマートフォン向けディスプレイ分野において、
液晶から有機ELへの切り替えが進んでおり、需要が増加しました。
また、当社の子会社において、有機EL材料の用途展開として、
PCR診断キット用材料が、複数の診断キットメーカーの採用で、第1四半期では大幅な増収となりました。
第2四半期では競争激化により、販売量が減少しておりましたが、
その後、世界的な感染の再拡大により、販売量が回復しました。
以上の結果、当セグメントの売上高は、前期比4,648百万円増(39.2%増)の16,503百万円となりました。

機能性樹脂

売上高

10255百万円

前期比 12.5%減


営業利益

27百万円

前期比 61%減


樹脂材料事業は、ウレタン原料は衣料向けを始めとして需要が徐々に回復し前期並みとなりましたが、
タイヤ用接着剤がコロナ禍での自動車生産の減少により、減収となりました。
また、特殊化学品事業は、医薬向け中間体の競争激化等により、大幅な減収となりました。
さらに、建築材料事業は、コロナ禍での工事の延期や中止等が発生、
材料販売や防水工事の需要が減少し、大幅な減収となりました。
以上の結果、当セグメントの売上高は、前期比1,462百万円減(12.5%減)の10,255百万円となりました。

基礎化学品

売上高

6866百万円

前期比 4.1%減


営業利益

694百万円

前期比 17.8%増


過酸化水素誘導品は、衣料用漂白剤や家庭用洗浄剤向けが堅調に推移しましたが、
コロナ禍での内視鏡除菌向け等での需要が減少し、前期並みとなりました。
一方で、過酸化水素は、工業薬品向けが半導体市場を中心に好調に推移しましたが、
紙パルプ向け等での需要が減少し、減収となりました。
以上の結果、当セグメントの売上高は、前期比289百万円減(4.0%減)の6,866百万円となりました。

アグロサイエンス

売上高

5554百万円

前期比 12.2%増


営業利益

268百万円

前期比 30.7%増


殺虫剤は、顧客の在庫調整により販売量が減少し、大幅な減収となりました。
一方で、除草剤においては、農耕地向け等は顧客での在庫調整が進んだことで前期並みに推移し、
また、ゴルフ場向けは需要が堅調に推移しました。
家庭園芸向け除草剤も、コロナ禍での巣籠り需要により、大幅な増収となりました。
以上の結果、当セグメントの売上高は、前期比603百万円増(12.2%増)の5,554百万円となりました。

物流関連

売上高

1848百万円

前期比 4.3%減


営業利益

361百万円

前期比 9.1%減


コロナ禍での経済活動の停滞に伴い、輸出の取り扱い量が減少し、減収となりました。
以上の結果、当セグメントの売上高は、前期比84百万円減(4.3%減)の1,848百万円となりました。