研究開発体制

社会のニーズに応える、 総合力を活かしたR&D

長い歴史の中で培った技術をベースに、基礎化学材料から最新の機能性材料まで、幅広い分野の研究開発を進める保土谷化学グループのR&D。多様化する社会のニーズをいち早くとらえ、さまざまなお客様の異なるニーズに即応できる研究・開発を進めています。産業の広範な領域をカバーする長年の研究開発活動によって育まれたスキル・ノウハウをカタチにすることで、まったく新しい機能を備えた製品や、生産技術を開発できる。それが保土谷化学グループのR&Dです。未来につながる独自のR&Dの推進により、事業を拡大し、これからの社会に貢献します。


揺るぎない3つの基盤技術

高純度化技術力

高度な精製技術を駆使し、
一段上の高純度化を実現します。

求められるのは、進化し続ける機能と新たな領域へ適応できる高純度素材。
保土谷化学グループの高度な精製技術が、最先端の厳しい要求を解決し、お客様の期待にお応えします。


機能素材開発力

快適で豊かな暮らしにつながる、
新機能を持った素材を開発します。

目指すのは、安心・安全・快適で豊かな暮らし、夢の実現です。
保土谷化学グループは、あらゆる場面を想定した新たな分野に挑戦し、さまざまな機能を備えた新素材を提案します。


機能素材評価力

知見・経験・熟練。
その評価技術が未来型素材を支えます。

高度な評価技術で仕上げた保土谷化学グループの製品に対する答えは、お客様の信頼に表れております。
評価結果が新たな設計へ、そして最先端の一歩先を行く素材へ生まれ変わります。