社長メッセージ

社会を支える化学メーカーとして
新たな100年においても
持続的成長を目指します。



皆様、ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
保土谷化学グループは、電解法苛性ソーダの生産を開始した1916年の創業以来今日まで、長い歴史により培われた技術をもとに、さまざまな製品・事業を展開してまいりました。


当社グループは、2021年度を初年度とする新・中期経営計画(2021~2030年度)「SPEED 25/30」を開始しております。


先行きを見通すことが困難な時代の中、当社グループが2030年度に理想とする姿を「ありたき姿」と定め、「バックキャスト」で10年間のシナリオを策定しました。


2030年度の「ありたい姿」として、


  1. 適切に構成された事業ポートフォリオによる事業強化
  2. 新製品の継続的な創出による規模拡大
  3. 高い生産性を実現し、効率化を推進
  4. 働きがいの向上
  5. SDGs達成への貢献、及び「環境に優しい」を実現
  6. 長期に継続して安定した配当の実現

を掲げております。


そして、私たちの目指す企業像(VISION)を「スペシャリティ製品を軸としたオリジナリティにあふれるポートフォリオと環境に優しいモノづくりで、持続可能な社会の実現に貢献する企業」といたしました。


これら新・中期経営計画(2021~2030年度)「SPEED 25/30」実現のため、「KPIマネジメント」を採り入れ、その進捗を管理しつつ、DXを推進することで組織力を高め、外部環境等の変化に、タイムリーに対応してまいります。


「次の100年へ」向け、当社の経営理念である「化学技術の絶えざる革新を通じ、お客様が期待し満足する高品質の製品・サービスを世界に提供し、環境調和型の生活文化の創造に貢献する」企業として、長期に継続して成長すべく、グループ一丸となって邁進してまいります。


化学で夢のお手伝い


今後とも皆様のより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。