有機EL材料

新時代のディスプレイ「有機EL」

最近、いろいろなところで耳にする機会の増えた有機ELディスプレイ。究極の薄さを実現する次世代のフラットパネルで、液晶とは一線を画すディスプレイ技術として注目されています。
保土谷化学グループでは、ファインケミカル部門で長年培った合成技術や精製技術、有機光導電体材料(CTM)で蓄積した実績、および分子設計の優れた技術を活かして正孔輸送材、電子輸送材を開発、有機ELの長寿命化、高耐久性を実現するとともに、発光材、ホール注入材などの材料に関しても保土谷化学グループとして鋭意開発を進めています。
保土谷化学グループは、有機EL材料のリーディングカンパニーとして、国内外の代表的なパネルメーカーに材料を提供しています。


関連会社:SFC CO.,LTD. HODOGAYA CHEMICAL KOREA CO.,LTD.

用途

 スマートフォン

 有機ELテレビ


製品・技術紹介

有機ELの原理

ELとは、「エレクトロルミネッセンス(Electroluminescence)」の略で、有機ELとは、電流を流すと発光する有機化合物を利用した発光システムのことです。
有機ELディスプレイは積層構造となっています。正孔輸送層と電子輸送層が、それぞれ正孔(プラス)と電子(マイナス)を運び、真ん中の発光層で結合して光を発生させる仕組みです。

有機ELの構造
核となる保土谷化学の技術

このうち、保土谷化学は正孔輸送層に使われる「正孔輸送材」(Hole Transporting Materials : HTM)をメインにつくっています。この核となっている技術は、イメージング材料事業で扱う「電荷輸送材」(CTM)を応用したものなのです。
また、電子輸送層に使われる「電子輸送材」(Electron Transporting Materials : ETM)、その他材料も開発中です。染料から電子材料へ、電子材料から有機EL材料へ保土谷化学は時代の流れとともに発展し続けます。


※電荷輸送材:コピー機やプリンターの中にある有機光導電体(OPC)ドラム用の材料。

取扱製品

有機ELのこれから

有機ELディスプレイの特長は、液晶などに比べ非常に薄いこと、動きの速い動画も鮮明に再現できること、かつ色鮮やかにできることです。このような点から以前より注目されていたものの、寿命が短いことや大型化が難しいなどの技術的課題があり、携帯電話のサブディスプレイやMP3プレイヤーの単色サブディスプレイ等、補助的な用途にとどまっていました。
しかし、最近においては技術の進歩によって、携帯電話のメインディスプレイやテレビなどにも利用されるようになりました。近年、有機ELディスプレイを採用したスマートフォン、スマートウォッチ、有機ELテレビが数種類登場し、今後も搭載機種が増えてくる見込みです。
現在は、ディスプレイ分野において大型化や車載用途、照明用途への検討が進んでいます。