建築材料

建物を守る「建築材料」

建物にとって、雨露をしのぐことは最も重要なことのひとつであり、その役割を担うのが防水技術であるといわれています。 ポリウレタンの優れた特長の1つである伸縮性、接着性、耐久性を活かし、他社に先駆けて開発したウレタン塗膜防水材。この「優れた防水材」を皆様に提供しているのも、保土谷化学グループの「化学」です。
大切な建物を守る建築材料は、変化に富んだ気候風土に対応する性能が要求されます。保土谷化学グループは、ウレタン塗膜防水材をはじめ、丈夫で長持ちするシームレスでクリーンな弾性床材・舗装材、耐久性に優れた弾性シーリング材、安定した性能を示す接着剤・注型材など、用途や目的に合わせて使用できる各種建築材料を提供しています。


関連会社:保土谷建材株式会社  (出資比率 保土谷化学100%)

用途

 屋上駐車場

 屋上多目的

 バルコニー

 植栽部防水


製品・技術紹介

ポリウレタンの主な原料




ポリウレタンの主な原料である主剤と硬化剤を混合したものを施工するコンクリート等の表面に吹き付け、何層も塗布していきます。

 防水材を吹き付け塗装

 競技場スタンドを吹き付け塗装



ウレタン塗膜防水材の施工事例

保土谷化学グループのウレタン塗膜防水材は、全国のオフィスビル、学校の屋上や大型店舗の立体駐車場の屋上防水をはじめとして、マンションおよび戸建て住宅のベランダ防水まで幅広く使用されています。


新しい時代のウレタン塗膜防水材「凄極膜」

「凄極膜」は、伸張性(伸び縮み)と強度に優れており、この2つのJIS規格を併せ持つ業界初の製品です。作業が効率的で工期が短縮できる上、これまでは難しかった金属屋根への施行やアスファルト・塩化ビニールの上の補強剤として使用できるなど、さまざまな場面で活躍します。「凄極膜」は、発売以来お客様から好評をいただいており、新たな展開を見せています。

取扱製品

ウレタン塗膜防水材のこれから 〜 人にやさしい材料づくり

1966年、防水業界で初めてウレタン塗膜防水材を発売開始。それから50年余り、多くの実績とたゆまぬ技術開発により、「ECO」をテーマに環境対応型防水材への取り組みを強化しております。開発コンセプトは「シックハウス症候群、環境ホルモン対象物質を含まない人にやさしい環境対応型防水システム」です。